Queen(戦慄の王女)

【歌詞&和訳】The Night Comes Down/ザナイトカムズダウン(QUEEN/クイーン)

QUEENの1stアルバム、Queen/戦慄の王女から6曲目のナンバーです。
The Night Comes Downは、ドラッグであるLSDによる幻覚症状を歌っているといわれています。

海外ミュージシャンのドラッグの過剰摂取による早死は、悲しいことに極めて多い。それを考えるとアーティストがドラッグを題材に詩を書き起こすのは、なんら違和感もないのだけれど。
それでもブライアンがドラッグソングを書くイメージが湧かないんですなぁw
The Night Comes Downがブライアンの体験によるものかどうかは隅に置いておくとして、この時代はヒッピー文化の影響も多分に受けているのではないでしょうか。

こちらのFUZEの記事で歴代のドラッグソングがまとめられています。しかもサイトがめっちゃオッシャレ~でございます。
さまざまなドラッグソングも気軽に聴けちゃいます。
歴史に残る「ドラッグ・ソング20選」ーーマリファナをはじめ、ドラッグと関係したポップ・ソングはどんな風に時代の変化を切り取ったのか?

歌詞と和訳-The Night Comes Down/ザ・ナイト・カムズ・ダウン

作詞・作曲: ブライアン・メイ
初出アルバム: Queen/戦慄の王女(QUEENの1stアルバム)・1973年7月13日発売

[Verse 1]
When I was young it came to me
And I could see the sun breakin’
Lucy was high and so was I dazzling
Holding the world inside
Once I believed in everyone, everyone,
And anyone can see

まだ若かったころ それは僕に訪れた
そのとき 太陽の光が差し込むのが見えた
ルーシーは上機嫌 僕もハイになってる
僕は心に きらきらと眩しい世界を抱えていた
あのころ 僕はすべてのひとを信じていた
誰から見てもそうだった
 

[Chorus]
Oh oh, The night comes down
And I get afraid of losing my way
Oh oh, The night comes down
Ooh, and it’s dark again

ああ 夜が更ける
僕は 道を見失うのが怖いんだ
ああ 夜の帳が下りていく
また 闇が訪れる
 

[Verse 2]
Once I could laugh with everyone
Once I could see the good in me
The black and the white distinctively
Colouring, holding the world inside
Now all the world is grey to me,
Nobody can see, you gotta believe it

かつて 僕は誰とでも笑いあえた
自分の善良なる心を見出すことができたんだ
黒か白か 僕の中ですべてはっきり色分けされていた
いま 僕にとって世界はすべて灰色さ
誰にも分かってもらえないだろうが 信じてほしい
 

[Chorus]
Oh oh, The night comes down
And I get afraid of losing my way
Oh oh, The night comes down
Ooh, and it’s dark again

ああ 夜が更ける
僕は 道を見失うのが怖いんだ
ああ 夜の帳が下りていく
また 闇が訪れる
 

[Outro]
And it’s dark again
And it’s dark again

そして また闇が訪れる
そして また闇が訪れる

日本語訳:もふお

曲の解説-The Night Comes Down/ザナイトカムズダウン

熱烈なビートルズファンであるブライアンが、彼らの楽曲、Lucy in the Sky with Diamonds/ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンズ にインスピレーションを受けて書いたといわれるThe Night Comes Down/ザ・ナイト・カムズ・ダウン。

曲のヒントになったというビートルズの曲が気になるところなので、まずはいっちょ聴いてきましょうか!

↓こちらはサビから始まるよ↓

子どものころに聴いていたルーシーインザスカイウィズダイヤモンズ。
ドラッグソングだとは思いも寄りませんでしたね。というのも、歌詞通りルーシーがダイヤモンド持って空に飛んでいく魔法の世界だと思っていたもんでw

Lucy in the Sky with Diamonds の歌詞の和訳はこちらのサイトが参考になりました。
Lucy in the Sky with Diamonds(ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイヤモンズ)ビートルズ歌詞・和訳

さて、歌詞を読んでみても直接的にLSD(幻覚剤)を謳っているわけではないんですが、タイトルの頭文字を取ってみると…
Lucy in the
Sky with
Diamonds
 
LSD!LSD!となるんですねぇ。

歌詞に登場するルーシーとは

ここまで読んでいただければ一目瞭然、The Night Comes Down/ザナイトカムズダウンに登場するルーシーと、Lucy in the Sky with Diamonds/ルーシーインザスカイウィズダイヤモンズに登場するルーシーは、同一人物と考えていいと思います。
私はルーシーがブライアンの当時の彼女だと思っていたんですがねw
結構ブッ飛んだ彼女と付き合ってたんだなぁと勝手に想像していた。

LSDの幻覚をイメージする画像

はてさて、それではLSDはどんな幻覚症状を引き起こすのか。
まさか試してみるわけにはいきませんので、「LSD 幻覚」の画像検索でちょっぴり追体験してみましょう…。
うわ、、キモっ!!画面酔いする!
確かに「鮮やか」な視界ではありますな。。

LSDはKeep Yourself Alive/炎のロックンロールにも登場する

The Night Comes Down/ザナイトカムズダウンが収録されている、クイーンの1stアルバム、Queen/戦慄の王女にはKeep Yourself Alive/炎のロックンロールも入っているのですが、この曲にもLSDと思しき単語が登場するのでチェックしてみてくださいな!
しかも炎のロックンロールもブライアン作でござる。

関連記事

QUEENの1stアルバム、Queen/戦慄の王女から1曲目のナンバーです。クイーン初のシングル曲でもあります。(当時はあまり売れなかったけど…)シングル発売から一週間後にファーストアルバムが発売されています。 デビュー曲なのになん[…]

Queen(戦慄の王女)

Queen(戦慄の王女)の2011リマスターアルバムにはデモ盤も入っている!

1971年12月にウェンブリーのディ・レーン・リーのスタジオで録音されたデモ盤のThe Night Comes Down/ザナイトカムズダウンが、ボーナストラックとして収録されています。
聴いてみると原曲となにが違うのか、私の貧弱な耳にはよくわからなかったんですが、どうも音質が違うようなのでマスタリング前の音源ってことかな?

動画-The Night Comes Down/ザナイトカムズダウン

オフィシャルリリックビデオ

こちらは実演ではなくリリックビデオということで、クイーンの写真とともにザナイトカムズダウンの英語歌詞が流れます。

The Night Comes Downのリリックビデオでの写真

1972年に、ロンドンにあるフレディのフラット(日本でいうところのアパート)で撮影されたバンド初の宣伝写真です。フレディ、さすがのインテリアセンス!

彼はビッグになってからも家の改装やレイアウト、家具の選定などにとても力を入れていたというから、やはり彼は根っからのアーティストなんでしょうね。

The Night Comes Downのリリックビデオでジョンとロジャー

ジョンとロジャー。
ジョンがディーコン・ジョンだったころのヘアスタイルが素敵ですねえ。
クイーンのメンバーの中で、一番ヘアスタイルがころころ変わるひとじゃないでしょうか。(ブライアン対比)

https://www.instagram.com/p/BuMJMaUA_w-/

先程のリリックビデオにも登場した、当時のアー写の撮影時の写真ですな。
この家具や小物類は撮影用に準備されたものなのか、はたまたフレディの私物なのか。こんなセンス溢れる家に住んでみたいものです!

>QUEENに関するアレコレを綴っています

QUEENに関するアレコレを綴っています

クイーンの歌詞と和訳、曲の解説、おすすめMVをまとめています。