Queen(戦慄の王女)

【歌詞&和訳】Great King Rat/グレイトキングラット(QUEEN/クイーン)

QUEENの1stアルバム、Queen/戦慄の王女から3曲目のナンバーです。
Great King Rat、直訳すると偉大なるネズミの王ですが、この曲にはモデルとなった人物がいるようです。
フレディにスケベじじい呼ばわりされた不遇な人物とはいったい誰なのか!?
ダダーン!

と、その前にまずは和訳をどうぞ~。

歌詞と和訳-Great King Rat/グレイト・キング・ラット

作詞・作曲: フレディ・マーキュリー
初出アルバム: Queen/戦慄の王女(QUEENの1stアルバム)・1973年7月13日発売

[Verse 1]
Great King Rat died today
Born on the twenty-first of May
Died syphilis forty-four on his birthday
Every second word he swore
Yes, he was the son of a whore
Always wanted by the law

今日 グレイトキングラットが死んだ
5月21日に生まれ やつの44回目の誕生日に梅毒で息絶えた
いつも二言目には憎まれ口をたたいていた
やつは売春婦の息子だった
そして常にお尋ね者だった
 

[Chorus]
Wouldn’t you like to know?
Wouldn’t you like to know, people?
Great King Rat was a dirty old man
And a dirty old man was he
Now what did I tell you
Would you like to see?

知りたくないか?
知りたくはないか? 人々よ
グレイトキングラットはエロじじいだった
エロじじいとはやつのことさ
今の僕のはなしを
その目で確かめたくはないか?
 

[Verse 2]
Now hear this
Where will I be tomorrow?
Will I beg?, Will I borrow?
I don’t care, I don’t care anyway
Come on, come on the time is right
The man is evil and that is right
I told you, ah yes I told you
And that’s no lie oh no no

さあ これを聞けよ
明日 僕はどこにいるのだろう
どこかで物乞いでもしているのか
果ては借金まみれか
気にするな そんなことはどうでもいいのさ
さあ 時は来た
あの男は極悪人のクソ野郎さ
そう きみに教えたとおり
そしてそれは嘘じゃない
 

[Chrous]
Wouldn’t you like to know?
Wouldn’t you like to know?
Wouldn’t you like to know?
Great King Rat was a dirty old man
And a dirty old man was he
Now what did I tell you
Would you like to see?
Show me

知りたくないか?
知りたくないか?
知りたくはないか?
グレイトキングラットはエロじじいだった
エロじじいとはやつのことさ
今の僕のはなしを
その目で確かめたくはないか?
さあ 見せてくれ
 

[Chorus]
Wouldn’t you like to know?
Wouldn’t you like to know, people?
Great King Rat was a dirty old man
And a dirty old man was he
Now what did I tell you
Would you like to see?
Hit it

知りたくないか?
知りたくはないか? 人々よ
グレイトキングラットはエロじじいだった
エロじじいとはやつのことさ
今の僕のはなしを
その目で確かめたくはないか?
言ったとおりだろ?
 

[Bridge 1]
Now listen all you people
Put out the good and keep the bad
Don’t believe all you read in the Bible
You sinners get in line
Saints you leave far behind
Very soon you’re gonna be his disciple
Don’t listen to what mama says
Not a word, not a word mama says
Or else you’ll find yourself being the rival
Sure, the great lord before he died
Knelt sinners by his side
And said you’re going to realize tomorrow

さあ人々よ 聞くがいい
良心を除け 悪しき行いを続けよ
聖書の言葉など鵜呑みにしてはならない
罪人どもよ 列をなせ
いい子は後回しだ
もうじき おまえはやつの弟子になるんだ
ママの言うことに耳を傾けるな
一言たりとも聞く必要はない
さもなくば 己の良心と葛藤することになるだろう
偉大なる神はこの世を去るまえ
罪人らを跪かせ言った
明日にでも自ずと気付くときが来るだろうと
 

[Bridge 2]
No, I’m not going to tell you
What you already know
‘Cause time and time again
The old man said it all a long time ago
Come on come on the time is right
This evil man will fight
I told you once before
Hear it

いいや 僕は分かりきった話を続けるつもりはない
何度も何度も 老人たちがずっと昔から語り尽くしてきた話だ
さあ 時は来た
悪しき者に立ち向かうんだ
まえにも一度話したように
聞くんだ
 

[Chorus]
Wouldn’t you like to know?
Wouldn’t you like to know?
Just like I said before
Great King Rat was a dirty old man
And a dirty old man was he
The last time I tell you
Would you like to see?

知りたくないか?
知りたくはないか? 人々よ
グレイトキングラットはエロじじいだった
エロじじいとはやつのことさ
最後にもう一度だけ聞かせてくれ
その目で確かめたくはないか?

日本語訳:もふお

曲の解説-Great King Rat/グレイトキングラット

さあ、グレイトキングラットとはいったい誰なんだ。
と、そのまえにKing Rat/キングラットについてのお話を。

キングラットとは?

キング・ラットとは、イギリスの俳優やミュージシャンなどエンターテインメント業界の限られた人員で組織されている Grand Order of Water Rats という慈善団体、頭文字を取って通称「GOWR」の会長の呼称らしい。

ブライアンは現在、Grand Order of Water Rats の会員になっています。
ちなみにGOWRの定員は200名です。

グレイトキングラットとは誰なのか

偉大なる「GOWR」の会長だった喜劇俳優のダン・レノ、本名:ジョージ・ワイルド・ガルビン(1860年12月20日 – 1904年10月31日)がグレイトキングラットのモデルになった人物ではないかと推測されています。

ただ、確信を持ってそうだと言えるのかというと、う~~~む。
まず、いくつかの相違点がありまして。

誕生日も命日もフレディの詩とは異なる

まず、Great King Rat/グレイトキングラットに登場する、グレイト・キング・ラットの誕生日と命日は同日の5月21日。
ダン・レノの誕生日は12月20日だし、命日も10月31日。ぜんぜん違いますね。

享年の違い

加えて、死亡時の年齢について。
フレディの詩のグレイトキングラットは44歳で亡くなっていますが、ダン・レノは43歳で息を引き取っています。
近いけど、完全一致ではないですな。

死因について

フレディの詩では梅毒(当時の恐ろしい性病)で死んだというグレイトキングラット。
一方、ダン・レノの死因は不明であり、心臓病とも脳の疾患だったとも言われています。彼はアルコール依存症で苦しんでいたというので、それに起因する症状で亡くなった可能性もあるかもしれません。

そもそもダン・レノは助平だったのか?

まず一番の問題はコレですよね、ダン・レノはどうしようもないスケベおやじだったのかどうなのか。結論から申し上げると、そのような記述は見当たりませんでした。
まぁ、だいぶ昔のひとではあるので、あまりそういう下世話な情報は残されていないのかもしれません。
ダン・レノさん、唐突におかしなこと言ってごめんなさいね…。

それに加えて、「娼婦の息子」や「お尋ね者 」だったという境遇、素行の悪さについての記述も見当たらなかったなぁ。

ラットにはネズミの他にも裏切り者、卑怯者という意味もある

もしかしたらダン・レノ全然関係ない説も自分の中でむくむく成長してきたので、そうだった場合の解釈。
フレディの謳ったグレイト・キング・ラットとは、偉大なる卑怯者という意味合いだけだったのかもしれません。

もしかすると、当時の音楽業界にいたイヤなやつを題材に使ったのかもしれませんね。誕生日や享年のくだりはカモフラージュさせて。
ちょっと後には Death On Two Legs/デスオントゥーレッグスという怒りの名曲も出てくるわけですし…w

動画-Great King Rat/グレイトキングラット

オフィシャルリリックビデオ

この動画は実演ではなく、 英語歌詞の流れるリリックビデオです。
英語歌詞とともにクイーンの写真が楽しめます。

レッドスペシャルを奏でるブライアン

リリックビデオでの写真、ブライアン。クイーン初期のブライアンはヒラヒラ衣装率の高し。

Great King Rat/グレイトキングラット動画での写真

フレディとブライアン。
グレイトキングラットの実演動画がなくて寂しい。
こりゃDVD(Blue-rayあるのかな?)買うしかあるまい!

「来年1月に行われるバンドショーのチケットを購入できずに不満を感じている日本国外のクイーン+アダム・ランバートファンの方は、日本ツアーのチケットを購入する専用ウィンドウの詳細をご覧ください」→翻訳機能より

だんだん近づいてきた、ラプソディツアー。
大ヒットした映画ボヘミアン・ラプソディの後ですし、今回は競争率がぐぐっと高くなってるんじゃないかとひしひしと感じております。何度落ちたことか…。
クイーンの新しいファンが増えているのはとても喜ばしいことですけどね!

>QUEENに関するアレコレを綴っています

QUEENに関するアレコレを綴っています

クイーンの歌詞と和訳、曲の解説、おすすめMVをまとめています。