2019/7/13【立川】映画ボヘミアンラプソディ/ライブ場面原則全員タンクトップ上映

2019年7月13日(土)に、東京都立川市の映画館、シネマ・ツー/aスタジオで、 映画ボヘミアンラプソディの 「ライブ場面原則全員タンクトップ上映」が開催されるようです!
詳細はこちら!→ボヘミアン・ラプソディ – シネマシティNEWS

え…?全員原則タンクトップだと…!?
そう、あのフレディ・マーキュリーのトレードマークであるタンクトップを着用し、観客自らフレディになりきって、映画ボヘミアンラプソディのライブエイドシーンを堪能しよう!という企画らしいですw
全国のフレディコスプレマニアのみなさま、いざ立川へ!

フレディの衣装をおさらい!

さぁ早速、フレディのタンクトップ姿のおさらいです。
ライブエイドが開催されたのは1985年7月13日。ロンドンのウェンブリー・スタジアム。
その時のフレディの衣装はこちら!ダダーン!

View this post on Instagram

32 Years today… #liveaid #queen #freddiemercury #brianmay

A post shared by Queen (@officialqueenmusic) on

かの有名なのけぞりシーンです。
ブライアンもフレディと同じアディダスのスニーカーを履いてるということにいま気付きました。
ブライアンもフレディの体の柔らかさに驚きを隠せない様子です。(そんなシーンではない)

まずはタンクトップをチェック!

だいぶしつこくグーグル先生に聞いてみたんですけど、フレディの着ているタンクトップのメーカーがわからずじまいでした。お役に立てず申し訳ありません…。
唯一、彼のタンクトップはバッククロス型だということだけは判明しました。
今日一日、タンクトップという単語をこれでもかというほど打っております。

フレディらしいタンクトップをGETするには、
「タンクトップ バッククロス メンズ 白」と検索することで、フレディに近しいタンクトップを見つけることができそうです。
間違っても山下清になってはいけません。
梅雨時期ではありますが、タンクトップにリュックと傘を一緒に背負うのは危険な行為です。

ライブエイドで熱唱するフレディ・マーキュリー

タンクトップはだいぶ襟ぐり深いタイプですね。
こだわりをみせるならつけ胸毛も必要かもしれません。
試しにAmazonでつけ胸毛検索したらたくさん出てきましたw あるんかい!
https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%81%A4%E3%81%91%E8%83%B8%E6%AF%9B&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss_1

ということは、つけ髭もあるんだろ?そうなんだろ?
https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%81%A4%E3%81%91%E9%AB%AD&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss_1
あるぅ~~~~~~!

ジーパンはラングラーだ!

デニムと言わずにジーパンと言ってしまう世代でございます。
どうもフレディのジーパンはラングラーで間違いなさそうです。
こんな記事を見つけました↓↓
ラングラーがクイーン『ボヘミアン・ラプソディ』コレクションを発表/Microsoft News

ラングラー公式オンラインショップ

Wrangler公式オンラインショップ | デニム、ジーンズのラングラー
フレディが履いてる型式はわからず。…といっても1985年当時のモデルが今でもあるとは思えないですが。映画はものすごくヒットしたけど、さすがにフレディモデルの復刻はしないよねぇ。

ZOZOTOWN

Wrangler|ラングラーの通販 – ZOZOTOWN
ゾゾにもラングラーの取扱いがありました。
フレディのジーパン、色はだいぶライトなブルージーンズで、型は細めのストレートですな。

小物も要チェックだよ、ダーリン♪

お次はアクセサリーにまいりましょう。
このライブの衣装、タンクトップとジーパンにスニーカーと、だいぶシンプルにキメています。
しかし我らのファッションリーダー、フレディマーキュリー先生はこのシンプルファッションを見事に昇華させてしまうんですねぇ。

ずばりスタッズですよ!!
スタッズ小物を取り入れているんです!
ラミ・マレックの映画での衣装がわかりやすいですね!

このスタッズ付き腕輪がフレディコスプレのキモになるんじゃないでしょうか。
着けた瞬間、「グッタイ!グッタイム!」と叫びだしそうなほどフレディ度が上がるアイテムですよ。

スタッズ付きブレスレット

Amazonで「スタッズ ブレスレット」で検索したらフレディっぽいのがお手頃価格で出てきましたよ。
https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%BA+%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss_1

ライブエイドでのフレディのジーパンはラングラーだ!

スタッズベルト

スタッズベルトもAmazonでゲットだぜ!ヘィヘーイ!
https://www.amazon.co.jp/s?k=%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%BA+%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&ref=nb_sb_noss
実際のフレディが着けてるベルトはどこぞのブランドだと思うんですけどね。
いや、それとも業界では有名な革製品メーカーとかなんだろうか?
けっこうマメにクイーン本をチェックしているつもりなんですが、こういった情報は載ってないんですよね。衣装デザインが誰それで~などの情報は手に入るんですけど。

スニーカーで締め!

doconomonoさんのフレディが履いているスニーカーについての記事がとても参考になりました!
フレディ・マーキュリーのスニーカーはどこの? | doconomono

このスニーカーはアディダスのボクシングブーツ、「HERCULES(ヘラクレス)」というモデルのようですが、残念ながら現在は販売されていないようです。
まったく同じとはいかずとも、アディダスでヘラクレスに似たモデルを探してみるのも一興じゃないでしょうか!

そういえばフレディ。少年時代はボクシングをやっていたらしいから、スニーカーのセレクトにも影響があったんでしょうかね。
あとこのヘラクレスですが、実はハイカットなモデルです。
ジーパンで隠れているのでちょっとわかりにくいですね。

ライブ場面原則全員タンクトップ上映の詳細

話は戻って、シネマ・ツー映画イベントの詳細です!

日時■2019年7月13日(土) 時間未定
会場■シネマ・ツー/aスタジオ
料金■通常料金 ※各種割引適用
チケット■7月9日(火)0:00 (8日24:00)
有料会員シネマシティズン先行予約開始。一般のお客様は翌日から。

Web予約、上映時間確認はこちら
https://res.cinemacity.co.jp/TicketReserver/studio/movie/1510

ボヘミアン・ラプソディ – シネマシティNEWS

シネマ・ツーの場所

シネマ・ツーの場所:東京都立川市曙町2丁目42−26
JR立川駅より徒歩6分、多摩モノレール立川北駅より徒歩2分
https://cinemacity.co.jp/access/

イベントの概要

〇少なくともライブエイドの場面では、原則立ち上がっていただき、フレディと同じタンクトップ姿になってお楽しみいただきます。
あくまでも「原則」であって、ならなくても立たなくても問題ありません。
暗闇かつ人混みの中なので、多少見えてはいけないものが見えたとしてもたいして誰も気にしません。
ライブ場面以外では冷房が効いてますので、シャツなど羽織った方がいいかも知れません。

ボヘミアン・ラプソディ – シネマシティNEWS

映画ボヘミアン・ラプソディのライブエイドのシーンで、当時のお客さんと同じようにライブを盛り上げようっていう楽しい企画ですね!
「多少見えてはいけないものが見えたとしても…」このくだり、ブフッとなりました。

=ライブスタイル上映のルール=

〇拍手、歓声、口笛OK
普通の音楽ライブとまったく同様の楽しみ方で
〇おもしろいことを叫んでウケを狙おうとするのは控えめに
そういう作品ではありません。
〇ライブエイドが始まったら原則全員スタンディングで
スクリーンの中のオーディエンスと一体化しましょう
〇サイリウム、LEDライト使用不可
80年代のロックコンサートにその文化はなかったのと、スクリーンに光が映り込んで没入感を著しく削ぐからです。
〇笛やタンバリン等、鳴り物禁止
演奏はクィーンにまかせましょう。

=その他=
〇上映中の撮影、録画は違法行為です。
〇ヒゲを生やすこと、ヒゲをつけることも強く推奨します。似てない誰かになることなんか恐れるな!

ボヘミアン・ラプソディ – シネマシティNEWS

ご覧ください、ヒゲ推奨ですw
当日はタンクトップにおひげスタイルのフレディコスプレイヤーの皆さんでひしめき合うんだろうか…。か、カオスすぎる!
もはやボラプ鑑賞よりそっちのほうが気になるぞ!!

とはいえ、映画館でライブのように楽しむってどんな感じなんだろう…?
こういった映画イベントに参加した経験がないと、ちょっと想像つきませんよね。
中国で開催された、映画ボヘミアンラプソディの参加型イベントの様子がこちらでチェックできます。↓↓

ボヘミアン・ラプソディを歌う若い頃のフレディ・マーキュリーもどうぞご覧ください!
メイクもバッチリで妖艶さが際立っていますね。
若い長髪のフレディさんとライブエイドのフレディさんを対比してみると、…。とても同一人物に思えませんww

>QUEENに関するアレコレを綴っています

QUEENに関するアレコレを綴っています

クイーンの歌詞と和訳、曲の解説、おすすめMVをまとめています。